餃子へのこだわり

こだわりポイント

素材とその調合

あっさりとしてヘルシーなテムジンの餃子。
その秘密はたっぷりの野菜と、豚肉ではなく
牛(和牛と米産または豪産のブレンド)の
ミンチを使用することにある。

その調合割合は、7(野菜):3(肉)と、 おそらく
他の店にはない調合だろう。

他にもにんにくの量を調味料程度に抑えることで、
たくさん食べられるようどぎつくならない工夫がされてある。

仕込み 匠による職人技

素材を生かすため材料を切るのは全部手作業。
機械でやってしまうと野菜の繊維、肉の筋を
メチャクチャにしてしまうからだ。

手作業だけに人手も時間もかかってしまうので、
夜も明けないうちから仕込を開始する。

大きさ ひとくちサイズに旨みを凝縮

何くちにも分けて食べる大きな餃子に比べ、
テムジンの餃子は小さくてひとくちで食べれる。

およそ親指程のその小ささは、
中の旨み、香り、汁を逃さないための大切な条件である。

たれ 箸がすすむ意外な理由

テムジンはたれの酢醤油も手作り。
餃子の味を殺さないよう、
酢は控えめにしているので、
あまりすっぱくないのが特長。
これも、たくさん食べられる要素の
一つなのである。
柚子ごしょうをいれるのもテムジンならでは。

  • お問い合わせ
  • 庄屋うどん
  • 通販専用サイト